PCゲーマーは仕事に有利な可能性

最近タブレットやスマートフォンが普及し、パソコンをまた扱えない方が多くなっているということです。
折角なので、遊びながらパソコンを勉強できてしまえば一石二鳥です、ゲームばっかりして、と言われてもパソコンの勉強を兼ねているということにすれば、面目もたちます。(あくまでプライベートタイムで行いましょう、仕事中はよろしくありません。)

タッチタイピングを覚える、早くする

MMOやMOなどでボイスチャットを使わずに、キーボード入力で会話するようにしましょう、海外の方と交流するようにすると英語や記号配置も覚えて更に一石二鳥となります。
最近はフリック入力が主となっているので、最初は煩わしいと思われますが、慣れてしまえば圧倒的にキーボードが使いやすくなります。
積極的に会話をするようにすれば、コミュニケーション能力も上がります、なにより最初不慣れな状態は可愛いとも思われます(初心者のうちだけですが)ので初期は可愛がってもらえるでしょう。

オフィスソフトを覚える

ゲームのデータ取りや日記などをオフィスソフトを使って編集すると色々と覚えます、もし簡単なダメージ計算などやアイテム管理などをしたい場合はエクセル、日記などはワードを扱ってみましょう。
関数やグラフなどまで扱えるようになれば万々歳です、オフィス系は不明点があれば検索すればすぐにホームページなども見つかるので、簡単に調べることができることも特徴です。
オフィス系のソフトは必用最低限必用な能力ではありますが、できてあたりまえの事がしっかりできることこそが、信用を得る第一歩であります。

文章力をつける

もし、日記などワードなどで書いてみて、人に見せても難が無いような文章がかけるようになったらブログなどを開設すると良いかもしれません。
攻略ホームページなど開始できるようであればHTMLやJAVAなどを覚えることも可能ですが、いきなりそこまでのことをするのは敷居が高いので、ブログを開始すれば文章力もあがりますし、文字入力をすることでタイピング能力も上がります。ゲーム用ノートPCでもキーボードの耐久性が高いので、タイピングの練習に最適です。職場によってはデスクトップではなくノートPCを使わなければならないこともあります。デスクトップゲーム用PCなら今のうちに自分と相性の良いキーボードを見つけておくことをおすすめします。
なにより文章を見直す癖がつきますので、仕事で一番必用なのは正確性ですから、文章を見直す癖をつけることは非常に良いことです。

パソコンの故障への対応力、できれば修理もできるようになる

簡単な問題の修理や部品交換などができるようになっておくと、非常に仕事場で重宝されます、ここまでできると一目置かれるようになり、必用とされるようになれば会社での立場も少し上昇します。
パソコンメインの仕事であると、こういったスキルを持った方は多いのですが、そうでなはい職場ですと、パソコンがわからない方の多くがいるような職場であれば、かなり感心されることでしょう。
ゲームをただプレイするよりも、目的や目標を持ってプレイするとモチベーションも上がりますし、なによりスキルアップできることは非常に良いことです。
もし上記が実践できて、パソコンの能力が上がったと感じたのならば、資格検定などもうけ、資格も取得できれば更に利点が増えます。
ゲームという趣味は、あまり理解を得られないところが多いですが、ゲームをしたおかげでスキルアップできたということであれば、胸をはってゲームができるというものです。